コピー・SCAN・オリジナルTシャツ・製本・等身大パネルお任せください

有限会社古川コピーセンター

小ロットオンデマンド印刷、スピード対応・短納期

データ入稿のご案内

データ入稿されるお客様は、必ず、目を通してください。

データ入稿時によくあるトラブル

データに問題があった場合、再度、データの入稿をお願いしますので、その分納期が遅れます。そうならないためにも、もう一度、データをご確認ください。

  1. 画像が埋め込みになっていない
  2. フォントがアウトラインを取っていない
  3. RGB形式で入稿されている
  • データは圧縮して入稿してください。
  • JPG形式に書き出したデータもしくはスクリーンショットの出力見本を付けてください。参考にさせていただきます。ただし、色見本には使用しません。また、文字確認までは致しておりません。
  • メール入稿は5MBまでとさせていただきます。
    それ以上のデータは、宅ファイル、データ便などをご利用ください。

Illustrator入稿について

対応バージョン IllustratorCCまで

データ制作時の注意点

データの保存はファイル形式を Illustrator EPSにして下さい。
互換性を必ず制作したバージョンで保存して下さい。下位バージョンでの保存はトラブルの原因となります。

RGBカラーでのご入稿はしないで下さい。
スキャンニング&デジタルカメラ等のRGBデータは、CMYKカラーに変換してイラストレーターに貼り込みをお願いします。

保存するときは「配置した画像を含む」 にチェックを入れてください。

1色印刷はCMYKモードのKのみで製作してください。
RGB形式で製作すると、一見黒に見えても、フルカラー印刷になります。

黒ベタはリッチブラックをおすすめします。
4色(CMYK)すべて100%で黒にすると、必要以上にインクが必要になり裏写りなどの原因になります。黒はリッチブラックをおすすめします。
リッチブラックおすすめの割合→C60 M40 Y40 K100

フォントはすべて、アウトラインを取ってください。

Photoshopについて

対応バージョン PhotoshopCCまで

データ制作時の注意点

画像を統合してください。
なお、統合する前のデータは各自で保管しておいてください。

PhotoshopEPS形式で保存して下さい。

Microsoft Officeについて

Microsoft office(Word,Excel.Powerpoint)
で作成したデータは、プリンタドライバなどの環境により、文字ずれ、文字化けなどのトラブルが発生しますので、そのままのデータでの入稿は、おすすめしておりません。
PDF形式での入稿を推奨いたします。
適切な方法で処理されたPDF形式のデータは、改行のズレや文字化けのトラブルが無くなります。

更新日:

Copyright© 有限会社古川コピーセンター , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.